ご利用案内

介護予防・通所介護サービスの内容

日常生活上の援助

利用者の活動能力に応じた援助を行ないます。

  • 排泄の介助
  • 移動の介助
  • 養護(休養)

健康状態の確認

体温、血圧測定等の健康チェックを行ない、利用者の健康状態を把握し、状態に応じたサービスを提供します。
また、健康状態に問題がある場合は、利用者や家族へ連絡します。

機能訓練サービス

利用者様が可能な限り、居宅において日常生活を営むことができるよう、必要な日常生活上の介助や機能訓練を行ないます。また、利用者の社会的孤立感の解消や心身の活性化を図るための各種サービスを提供します。

  • 日常生活動作に関する訓練
  • レクリエーション
  • 健康体操
  • 趣味活動
  • 個別機能訓練

入浴サービス

居宅における入浴が困難な利用者にたいして、必要な入浴サービスを提供します。

入浴形態

  • 一般浴槽による入浴
  • 特殊浴槽による入浴

介助の種類

衣類の着脱、身体の清拭、洗髪、洗身等

食事サービス

栄養士の立てる献立表により、栄養及び利用者様の身体状況や嗜好に配慮した食事を提供します。 利用者の自立支援のために離床し食堂において食事をとっていただきます。

送迎サービス

送迎を必要とする利用者様については、専用車両により送迎を行ないます。
ただし、送迎サービスは玄関前までのサービスとなります。室内までの移動等は原則として行ないませんので、送迎サービス以外の介助が必要な利用者様は担当ケアマネージャに相談して下さい。

相談、助言サービス

利用者様及びそのご家族様の日常生活における介護等に関する相談、助言を行います。

相談及び援助

当施設は、利用者様及びそのご家族様からのいかなる相談についても誠意をもって応じ、可能な限り必要な援助を行うよう努めます。

ページトップへ

営業日及び営業時間と実施地域

営業日 月曜日 〜 土曜日(但し、1月1日〜3日を除く)
営業時間 午前 8時30分 〜 午後5時30分
サービス提供時間 午前9時30分 〜 午後4時45分
実施地域 半田市・常滑市・武豊町
ページトップへ

デイサービス利用料金

  利用料 実費分
基本料金
(日額)
サービス
提供加算
(日額)
入浴介助
加算
(日額)
個別機能
訓練加算
(U)
(日額)
食費
(日額)
お茶代
(日額)
要介護1 656 6 50 56 500円 50円
要介護2 775
要介護3 898
要介護4 1,021
要介護5 1,144

◎介護職員処遇改善加算 : 総単位 × 4%
◎地域区分(6級地)     : 1単位 = 10.14円
※送迎代は通所介護費に含まれております。

利用料金の支払い方法

前記の利用料金、費用はサービス利用月の翌月26日に引き落としになります。

利用の中止、変更、追加

利用予定日の前に、利用者の都合により、通所介護サービスの利用を中止または変更もしくは、新たにサービスの利用を追加することができます。この場合にはサービスの実施日の前日までに事業所に申し出て下さい。

サービス利用の変更、追加の申し出に対して、事務所の稼動状況によって利用者の希望する期間にサービスの提供ができない場合、他の利用可能日を提示して協議します。

ページトップへ

予防デイサービス利用料金

利用料負担分

  基本料金
(月額)
サービス提供加算
(月額)
要支援 1 1,647 24
要支援 2 3,377 48

◎介護職員処遇改善加算 : 総単位 × 4%
◎地域区分(6級地)     : 1単位 = 10.14円
※送迎代や入浴代は通所介護費に含まれております。

実費分(介護保険給付対象外サービス)

  要支援1 要支援2
食費 500円 1日につき
お茶代 50円 1日につき

利用料金の支払い方法

前記の利用料金について、介護保険一割負担分は月の初日の利用時にお支払いください。 実費分はサービス利用月の翌月26日に引き落としになります。

月額定額制とされたことから、月途中からのサービス開始、月途中でのサービス終了の場合であっても、原則として、それぞれ定められた月額の利用料金とし、日割り計算は行いません。 ただし、月途中に下記の都合により変更した場合は日割り計算とします。

  • 要介護から要支援に変更となった場合
  • 要支援から要介護に変更となった場合
  • 要支援度が変更となった場合
  • 同一保険者管内での転居等により事業所を変更した場合
    ※なお、同一保険者であっても、利用者の都合による契約解除等による事業所替えについては、 日割り計算は行いません。
  • その他、厚生労働大臣が定める理由による場合

利用の中止、変更等

利用予定日の前に、介護予防通所サービスの利用を中止または変更等行うことができます。この場合にはサービスの実施日の前日までに事業所に申し出て下さい。

ページトップへ

事故発生時の対応

  • 利用者に対するサービスの提供にあたり事故が発生した場合、すみやかに利用者の後見人、家族、身元引受人等関係者に連絡を行うとともに、必要な措置を講じます。
  • 前項の場合、すみやかに利用者の損害を賠償します。但し、当施設に故意過失がない場合はこの限りではありません。また、利用者に重過失があるときは、損害賠償の額を減じることがあります。
  • 以下の理由がある場合、損害賠償を負いません。
    • 利用者が、契約締結時に心身の状況及び病歴等の重要事項について、故意にこれを告げず、または不実の告知を行ったことに起因して損害が発生した場合。
    • 利用者が、サービスの実施にあたっての必要な事項に関する聴取・確認について、故意にこれを告げず、または不実の告知を行ったことに起因して損害が発生した場合。
    • 利用者が、当施設もしくはサービス事業者の指示等に反して行った行為に起因して損害が発生した場合。
ページトップへ

苦情対応

当施設では、利用者、家族からの苦言、苦情の申し立て、または相談があった場合には迅速かつ誠実に対応します。ご不満な点は、お気軽に相談して下さい。

苦情窓口

当施設ご利用相談室 窓口担当者  小崎 梨会
ご利用時間  毎日 午前9時〜午後4時
連 絡 先  電話 0569−26−2870
半田市役所 介護保険課  電話 0569−21−3111
国民健康保険団体連合会 苦情処理部門 電話 052−971−4165
ページトップへ

非常災害対策

別途定める「デイサービスセンター第二瑞光の里 消防計画」にのっとり対応を行います。

当施設ご利用の際に留意いただく事項

居室・設備・器具の利用 施設内の居室や設備、器具は本来の用法にしたがってご利用下さい。これに反したご利用により破損等が生じた場合、賠償していただくことがございます。
迷惑行為等 騒音等他の利用者様の迷惑になる行為はご遠慮願います。また、むやみに他の入居者様の居室等に立ち入らないようにしてください。
金銭や所持品の管理 紛失や盗難の恐れがありますので、できる限り持ち込みはなさらないで下さい。
宗教活動・政治活動 施設内で他の利用者様に対する宗教活動および政治活動はご遠慮ください。
動物飼育 施設内へのペットの持ち込みおよび飼育はお断りします。
ページトップへ
前のページにもどる